えじまについて
えじまのこだわり
実店舗のご案内

オンラインショッピング
   
お茶・海苔の通信販売 えじま
倭紙茶舗(わがみちゃほ) えじま
えじまのこだわり「お茶編」
えじまのこだわりトップ / えじまのこだわり「お茶編」 〜えじまのお茶、おいしさの秘密〜

えじまのお茶、おいしさの秘密 次ページ

  おいしさの秘密
卓越した技術と徹底した管理下でのお茶づくり


当社指定工場では、静岡県掛川市近隣120戸の契約茶農家と栽培から袋詰めまで徹底した管理を行っています。

契約農家に1年間の管理作業を記録した栽培履歴帳を提出してもらう事で、生産者の「顔が見える安心安全なお茶づくり」を実践しています。

「製造側」と「販売側」が一体となる事で、生葉を摘んだその日のうちに仕上げをする事ができるので、いつも「新鮮」なお茶をお届けできるのです。

この「製販一体」での長年の努力により、全国茶品評会等においては、農林水産大臣賞を実に24回も受賞するという快挙を成し遂げました。



こんなところで作っています⇒レポートをみてみる!
主な農林水産大臣賞受賞暦
《平成10年》
・静岡県茶工場コンクール
・第52回全国茶品評会一等一席
・神奈川県茶品評会
《平成11年》
・静岡県製茶工場コンクール
《平成12年》
・全国農業コンクール

他、昭和31年より現在まで通算24回受賞(静岡県下第1位)
茶品評会の様子

  おいしさの秘密
長年培った茶作りの技

有機質肥料による、徹底した土作り
おいしいお茶作りの秘訣は、病害虫にも負けない強い茶樹を育てること。そのためにはまず、元気で良質な「土作り」が必要になります。

当社では年間6000トンもの有機質肥料を契約茶園に施し、管理も全国初の茶園名札システムを導入。

さらに無農薬〜低農薬栽培実施勉強会グループの組織化など、安全面においても万全のお茶作りを進めています。


鮮度を逃がさず、純清水で蒸す。
お茶作りの上で、その味を決定する最も大きい要因となるのが蒸し工程です。

摘み取ったばかりの葉は、上記で蒸され若葉の香りがより強くなります。当社では、この水質も毎日チェックしています。

何重ものフィルターでろ過を繰り返した、不純物のない純清水を沸かして蒸気をつくり、この蒸気だけで茶の葉を蒸しています。


あらゆるニーズに対応する万全の供給体制
現在12棟、収容能力200万kgの冷蔵倉庫を有し、1年中品質の変わらないお茶を出荷できる体制を整えています。

出荷形態も、茶箱詰め、缶詰、小袋詰など自由に選択が可能。清潔で自動化された包装工場で、小袋詰が行われ、茶園管理から荒茶、精撰、保存、包装まで一貫して行われる万全の体制です。
  おいしさの秘密
製茶工場より 

製茶工場社長さんからのメッセージ
私たちの畑では、今、冬眠から目覚めたばかりのみずみずしい新茶が、朝日を浴びてキラキラとまぶしく輝いています。

有機肥料をたっぷりと施したり、置き草を畝間に置いたりと、おいしい新茶を作るために今年も地道な農作業を1年間がんばってきました。そのおかげで、今年も香り高いすばらしいお茶ができあがりました。

1年間変わらない品質のお茶をみなさんにお届けできると思いますのででぜひご賞味くださいね。
(佐々木製茶株式会社 佐々木社長さん談)

      ここが製茶工場です。               新茶摘み取り直前の茶葉です
  おいしさの秘密
製茶工場より 

340年以上も前の創業当時から、当社は「人との縁を大切にする」 という精神を大事に守り続けております。お客様との縁はもちろんの事指定工場や製造農家との縁も大事にし、高品質茶を1年中みなさまにお届けできる体制づくりを今後とも取り組んでまいります。

お客様から  
小田原市在中 石井様より

私達の世代になるとどこの家にも見覚えのある「えじま」のお茶缶があります。ご法事などの引き物で「えじま」のお茶でなかったときなんか、大変なショックです。それ程、生活に密着していると言う感じです。ほんとに味が違うんです。

店長のこだわり 小さい頃からお茶の香りを嗅ぎながら育ってきた私にとって日本茶は欠かせない飲み物です。
本場静岡の掛川茶は私も現地で選んだ確かな商品です。
自信をもってお勧めできる当店の日本茶をどうぞご賞味下さい!


前のページへ次のページへ

お問合せは・・・TEL 0465-22-2020(店舗専用) FAX:0465-22-1672
Copyright© 株式会社 丸江 All Rights Reserved