えじまについて
えじまのこだわり
実店舗のご案内

オンラインショッピング
   
お茶・海苔の通信販売 えじま
倭紙茶舗(わがみちゃほ) えじま
えじまのこだわり「お茶編」
えじまのこだわりトップ / えじまのこだわり「お茶編」 / お茶の豆知識

お茶の豆知識 その3 〜お茶を楽しむ 〜 次ページ

お茶を楽しむ
お茶って奥が深いですね。
美味しいお茶そのものを楽しむのは言うに及ばず、「茶器」を楽しんだり、お茶請けが美味しかったり、さまざまな楽しみ方があると思います。 私はこんな楽しみ方をしていますが、皆さんはいかがでしょう?
冷茶を入れる
おいしいお茶の入れ方
アイス緑茶ラテ
緑茶ハイ
緑茶カンテン
紅緑茶アイス
緑茶だんご
店長のこだわり
 
お茶を選ぶ
お茶健康法
お茶相談室
えじまのこだわり

冷茶を入れる
煎茶
冷茶はアイスで飲むお茶です。
お食事や3時のお茶にお試しください。

冷茶の材料は「抹茶または粉茶」を用います。粉茶はお茶葉を細かく挽いたもので、お茶の栄養を逃すことなくすべて吸収することができます。まさにお茶葉を食べていることになります。

<淹れ方>
お湯を少量コップに注ぎ、粉茶をお好みの料入れます。そのまま塊がなくなるまで良くかき混ぜ、次に氷を入れて冷やします。適量の水を加えて出来上がりです。


おいしいお茶の入れ方
煎茶
  1. お茶は水が命
    よく沸騰させてカルキ臭を抜きましょう。

  2. 色とうまみを決めるお湯の温度
    お茶の種類によっておいしくいれる温度が違います。下記の目安にそって入れましょう。
    釜炒り茶 80℃
    本玉露 70℃
    煎茶 70〜80℃
    かぶせ茶 50℃
    深蒸し煎茶 100℃
     
  3. 最後の一滴まで注ぎましょう
    急須のお茶は最後まで注ぎきりましょう。そうしておくとニ煎目もおいしくいただけます。

アイス緑茶ラテ
煎茶 アイス緑茶ミルクは冷茶をミルクで割ったものです。
さしずめ緑茶オーレかな。


緑茶ハイ
煎茶 言わずと知れた。緑茶の焼酎割です。
最近、居酒屋でも目にする機会が増えてきました。
お酒の健康にいい飲み方かも・・・


緑茶カンテン
煎茶
大人のおやつにお茶で作ったカンテンはいかが?

<つくり方>
お湯を沸かした鍋に、干しカンテンをもどし、抹茶または粉茶を混ぜて煮込みます。ある程度煮えたらタッパーに移して冷やします。冷蔵庫に入れて、固まったらできあがり。


練乳を掛けるとまろやかデザートです。


紅緑茶アイス
煎茶 勝手に名前を創ってしまいましたが、「紅」はあずきのことです。
アイス+緑茶+あずきのデザートです。
どうです?試さずにいられないでしょう?(^_^)


緑茶だんご
ひと手間かけて、おいしいおだんごはいかがでしょう。

<つくり方>
材料は抹茶または粉茶(お好みに合わせて)、上新粉または薄力粉水少々。トッピングであずきをご用意ください。 
上新粉を水で練り、軽く蒸かします。だんごがつくれる状態になりましたら、その上に粉茶をお好みに合わせて適量を降りかけます。
まんべんなく混ぜ合わせます。熱いですから気をつけてください。
混ざりましたら、再び蒸します。
蒸しあがりましたら、おだんごの大きさに丸め、お皿に盛り付けます。お好みに合わせてトッピングをしましょう。

はい、できあがり!


店長のこだわり 如何でしたか?今回は食べる楽しみばかりになってしまいました。ちょっと反省しつつ、次回のネタを考えます。

前のページへ次のページへ

お問合せは・・・TEL 0465-22-2020(店舗専用) FAX:0465-22-1672
Copyright© 株式会社 丸江 All Rights Reserved