えじまについて
えじまのこだわり
実店舗のご案内

オンラインショッピング
   
お茶・海苔の通信販売 えじま
倭紙茶舗(わがみちゃほ) えじま
えじまのこだわり「抹茶編」
えじまのこだわりトップ / 自然の香味にこだわる、京都・宇治抹茶

自然の香味にこだわる、京都・宇治抹茶 抹茶のお買い物はこちら

えじまでお取り扱いしているお抹茶は、京都・小山園の宇治抹茶です。

「宇治の川霧」といわれる湿気が多い気象条件と茶の樹に適した土地、
それに加えて宇治の茶師が考案した「覆下栽培」による、色・味・香ともに最高の条件をそなえたお茶を
ぜひご賞味ください。

抹茶の知識 アラカルト
自然の香味
抹茶のできるまで
抹茶の保存と賞味期限
脱酸素材エージレス
濃茶と薄茶
抹茶が粒状になってしまったら
トップへ戻る

自然の香味
お茶は本来自然のものであるべきです。ところが味付けや発色させた抹茶が出廻っています。

お茶のうま味の成分は茶葉に含まれる天然のグルタミン酸やテアニンなどのアミノ酸ですが、これらは市販されている調味料と同じ種類のものですから、この調味料を抹茶に混ぜればおいしいと感じる人があるのです。いくら無害とはいえ、不自然で調和しない味であり、あと味の悪いものです。

抹茶本来のうま味は、茶園での十分な肥培管理から自然に生まれるもので、このうま味とふくよかな香り、そしてほどよい渋味との調和が抹茶の生命。当店で販売している抹茶には、このような添加物は一切使用されておりませんので、ご安心のうえ、お召し上がりください。

抹茶のできるまで
京都の南部、宇治川と木津川の清流が、宇治の抹茶を育みます。五月に茶摘みが始まる前の約二十日間ヨシズとワラで茶園を覆います。これが抹茶の持つ、ふくよかな香りと味、鮮やかなみどりを生み出すもとなのです。

手で摘んだ新芽は、すぐに製茶工場で碾茶(てんちゃ)に加工します。まず蒸熱を加え、乾燥炉に入れて徐々に乾かし、それから茎の部分や葉脈などの繊維質を取り除き、葉肉だけに仕上げます。

これを零下十度くらいの低温庫に保存し、うまく熟成させながら、お茶会などのシーズンに合わせて、抹茶に挽きあげていきます。

抹茶の保存と賞味期限
小山園では、挽きあげた抹茶をすぐにパックしています。お求めになりましたら冷蔵庫へお入れください。未開封の場合の賞味期限は約八ヶ月ですが、いったん開封されると品痛みしやすくなります。家庭用冷蔵庫は、湿気が多く他の食品の雑臭がありますから、缶を二重にするかラップ紙で包んでください。

冷蔵庫から出してすぐに蓋を開けると外の湿気を吸って湿りやすくなります。
抹茶は買いだめしないこと。ご入用の分だけを少しずつお求め下さるのが、おいしく抹茶を飲んでいただく最良の方法です。

脱酸素材エージレス
挽きたての鮮度を長く保つために、脱酸素材エージレスを封入しています。エージレスは容器内の酸素を吸収して、抹茶が酸素に触れて酸化し品痛みするのを防ぎます。いったん開封しますと、用済みになりますのでお捨て下さい。

濃茶と薄茶
抹茶には濃茶と薄茶がありますが、同区別するかには明確な基準はありません。
抹茶はすべて薄茶として点てることが出来ます。ところが濃茶を点てる場合は濃く練りますので、苦味や渋味が強くなりがちな並級の抹茶は濃茶用として適さないわけです。

つまり、高級抹茶は濃茶と薄茶の両方に使うことができますが、中級品以下は薄茶専用に使うことになります。したがって、茶問屋では、ある一定の品質(価格)以上の抹茶をこいは、それより下の抹茶を薄茶として、便宜上区別しています。

抹茶が粒状になってしまったら
空気の乾燥する寒い季節になると、抹茶に小さな粒ができることがあります。これは静電気の作用によるもので、品質的にはなんら問題はありません。

抹茶は原料である碾茶(てんちゃ)を十分に火入れ乾燥させ、低温除湿の向上で石うすで挽きあげます。優れた原料を良い条件で製造すると、抹茶に含まれる水分は少なくなって、静電気を帯びやすくなるのです。また、粒度を2〜3ミクロンと極めて細かく挽きあげますから、輸送中の振動などで粒子どうしが静電気の力で引きつけあって、小さな粒ができやすくなります。もし、粒が出来ましたらご面倒でも抹茶ふるいで、ふるってくだされば、挽きたてのようになります。


店長のこだわり







 

お問合せは・・・TEL 0465-22-2020(店舗専用) FAX:0465-22-1672
Copyright© 株式会社 丸江 All Rights Reserved